個人商店と税理士の税務顧問契約

###Site Name###

税理士とは、税務に係わる士業であり専門家です。


その主な業務は税務代理で、確定申告書や申請書、請求書、不服申立ての代理、税務調査の立会などを行います。


個人商店の方の多くは白色申告ですが、白色申告では青色申告特別控除や専従者給与、純損失の繰越や減価償却等の優遇措置を受けることが出来ません。
中には自分で青色申告を行っている人もいますが、青色申告は複式簿記の記帳義務があることもあり申告に手間がかかるので日常的な業務で忙しい個人商店の経営者にとってはハードルが高いのも事実です。



特に年度末が繁忙期になる業種の場合、確定申告の時期が被ってしまうために困難です。


例えば成人式の記念写真や学校の卒業アルバムの受注が多い写真店などは年明けから3月までが繁忙期となるので確定申告の時期と重なってしまい深刻です。


確定申告のための作業で本業が疎かになるのは本末転倒ですし、より事業を拡大するためには本業に集中できる環境が不可欠となります。



税理士はこのような場合に力となります。



税理士と税務顧問契約を結ぶことで確定申告書の作成を委託することが出来ます。


彼らは税務の専門家ですので正確かつ迅速に作成することが出来ますし、税法の改正で受けることが出来る控除などがあれば当然それを反映した確定申告書を作成します。

結果的に税務署からの税務調査が入る可能性も下がりますのでさらに本業に集中することが出来ますし、もし入ったとしてもその立会を税理士に委託することが出来ます。

このように税理士と税務顧問契約を結ぶことは、経営者が税務に関する事柄から解放され本来の事業に集中するための環境を整えるとにつながります。



これは事業の拡大のためには不可欠なことでもあります。



また、税理士には記帳代行も行うことが出来ます。青色申告には複式簿記の記帳が不可欠ですが、それも税理士に委託することが出来るためさらに本業に集中することが出来ます。

そして、事業が拡大しを法人化したいと思った時や銀行から融資を受けたい時にもアドバイスを受けることが出来ます。