事業を行っていく上で、資金繰りは重要なポイントになります。資金繰りが上手く行かなければ資金の流れが滞り、黒字決算であるにも関わらず倒産させるリスクがあります。
資金繰りを悪化させる要因としては、現金回収の遅れがあります。



特に大きな商取引を行う場合には後日に決済を行う売掛とするのが一般的ですが、この売掛はすぐに現金を回収できないデメリットがあります。この売掛金の回収が遅れることが資金繰りを悪化させる要因のひとつになります。売掛金を改善する方法としてファクタリングがあります。

ファクタリングは専門の金融業者が売掛債権を買い取ってくれるというものです。

仕組みとしては取引先に対してファクタリングを利用したいことを伝えて、契約を結ぶことで売掛債権を買取ってくれます。
買い取られる金額は売掛先の信用力によって変わってきますが、信用力の高い会社であれば9割程度の金額で買取ってくれます。

47NEWS情報探しのヒントをお教え致します。

一般的には7から8割程度での買い取りでそれ以下の場合には、買い取りを拒否されるケースがあります。
売掛債権を売る方としては契約の満額を得られないデメリットがありますが、現金をすばやく収入することができるメリットがありますし、手形割引などとは異なり権利を担保にしてお金を借りるのではなく、買い取りであるため後日に問題が発生しても責任を負う必要がありません。一方で売掛先は通常どおりに期日内に支払うだけでよいのでデメリットがありません。ファクタリングを利用することで売掛債権をすばやく現金に変えることができ資金繰りを改善させることができます。

ファクタリング情報収集ができます。

Copyright (C) 2016 ファクタリングで資金繰りを改善 All Rights Reserved.